結婚相談所物語

子育ての仕上げ 中編

何となく気持ちが揺らぐ。


娘はそんなことには頓着なしで、


交際してみると言う。


私は彼とは会っていないから


彼の人となりはわからない。


だけど医者にならなかったという部分だけが


やけに引っかかる。


娘に、


ねぇ、どうして医者にならなかったのか聞いてみてよ、


と言ってみたが、


そんなこと聞ける訳ないでしょ、


と嫌がられた。


でも私はどうしてもそのことが


頭から離れないで気になっていた。


ある日、結婚相談所のアドバイザーから連絡があり、


サロンを訪ねた。


娘たちの交際が順調で


そろそろ意思を固めつつあるという。


私は嬉しいとも嫌とも何とも言えない気持ちで、


それが表情に出たのだろう。


彼がなぜ医者にならなかったということですね、


とアドバイザーの方から切り出してきた。


「彼は医者になれなかったのですよ。


そのことで彼は父親に対して。


随分とコンプレックスがあったようです。


でもご覧ください。


前回の話を読む
次回の話を読む


マリッジ・コンサルタント 山名 友子

結婚相談所物語、内容紹介 結婚相談所物語、内容紹介
婚活(こんかつ)から成婚までの考え方やアドバイス、大阪、京都、神戸、と関西に支社を持つ当相談所内で起こった出来事など、様々な物語を綴っています。
※婚活・成婚エピソードは実際の出来事を元にしていますが、記載されているお名前などは全て仮名です。